TREND RECOMMENDER

話題の本やCD・映像作品、数量限定商品などを紹介!(たまにそれ以外も)

タワーレコードオンライン 6月21日~7月15日
全品ポイント15%キャンペーン

当サイトで紹介する商品のリンクは、
一部を除きアフィリエイト(PR)になっています。


【書籍】矢部太郎/原案 長谷川嘉哉『マンガ ぼけ日和』2023年2月8日発売!予約サイトまとめ

 

 

矢部太郎/原案 長谷川嘉哉『マンガ ぼけ日和』は、2023年2月8日発売

取り扱いのありそうなサイトをまとめましたので、予約・購入時の参考にしてください!

 

 

矢部太郎/原案 長谷川嘉哉『マンガ ぼけ日和』

上記は、Amazonの販売ページのリンクです

  • 価格   :1,100円(税込)
  • 発売日  :2023年2月8日
  • 出版社  :かんき出版
  • 商品コード:9784761276515

『大家さんと僕』『ぼくのお父さん』など話題作を生み出してきた著者が、認知症患者とその家族の日常を描いた!

認知症の症状の進行具合を四季(春・夏・秋・冬)に分けて、それぞれの時期に認知症患者さんにどんな変化が起こり、介護者さんはどう対応したら良いのかがわかる構成。笑って、泣けて、不安がやわらぐ本です。

 

はじめて、全編描き下ろしでマンガの単行本を描きました。

 

認知症の専門医である長谷川嘉哉先生のご著書『ボケ日和』の装画を描いたご縁から原案とさせてもらいマンガ化しました。

 

長谷川先生の本はあたたかくユーモアを交えて、「老い」を、「老化」を、その一環である「認知症」を、そして誰にでも訪れる「死」をあたりまえのことだと教えてくれて、安心を与えてくれます。この本の装画を引き受けることを勧めてくれたのは僕の母でした。

 

母は長年、介護の仕事に従事していました。でも子供の頃から、僕は母の仕事について詳しく聞いたり、学んだりすることはありませんでした。どこか目を背けてしまっていたのだろうと思います。今、母は高齢になり介護される側、僕は介護する側の年齢になろうとしています。

 

この漫画を描くことで僕自身が、介護や認知症についてもっと考えたい、学びたい、知りたい。それがこの本を描いた一番の動機だったのかもしれません。

 

このマンガを読んだ皆さんの未来への不安が、あたたかな日差しのような安心に変われば。そんな一冊になっていたら幸いです。

— 矢部太郎

 

【目次】

はじめに

 

おばあさんの春

お父さんの春

じいちゃん

お嫁さんの春

お義母さんの春

これから

 

ゆっくり…

ほどほどで…

不安より安心

一緒に…

無理せずラクを…

 

幻覚の秋

お金盗ったでしょう?

つらい時期は…

帰りたい

お月見

 

冬のはじまり

胸のうち

まだまだ

ありがとう①

ありがとう②

ありがとう③

思いやり

あたりまえのこと

おじいさんの春

 

商品ページより引用 

 

 

プライバシーポリシー/お問い合わせ