TREND RECOMMENDER

話題の本やCD・映像作品、数量限定商品などを紹介!(たまにそれ以外も)

タワーレコードオンライン 6月21日~7月15日
全品ポイント15%キャンペーン

当サイトで紹介する商品のリンクは、
一部を除きアフィリエイト(PR)になっています。


【書籍】『羽生結弦 孤高の原動力』(AERA特別編集) 2023年11月11日発売!予約サイト まとめ

 

 

『羽生結弦 孤高の原動力』は、2023年11月11日発売

取り扱いのありそうなサイトをまとめましたので、予約・購入時の参考にしてください!

 

 

羽生結弦 孤高の原動力(AERA特別編集)

上記は、Amazonの販売ページのリンクです

  • 価格   :4,400円(税込)
  • 発売日  :2023年11月11日
  • 出版社  :朝日新聞出版
  • 商品コード:9784023323506

五輪2連覇、スケーター史上初の単独東京ドーム公演の成功、そして、自身初となる単独ツアーの発表……。

 

さまざまな感動を世界中にもたらし続ける羽生結弦。そんな稀代のスケーター・羽生を、写真家・蜷川実花が6つのシチェーションで撮り下ろした。

 

「蜷川さんの視点、受け取りたい雰囲気を考えて挑みました」(羽生結弦コメント)

 

蜷川さんとのセッションは3回目です。最近は、羽生結弦という存在にこの服やセットを合わせたときに、どういう構図になるのかを客観視するようになりました。突拍子もないかもしれないですけれど、「この子はどう見られたいのかな」と服の声を聞いたりするようなイメージです。特に、蜷川さんはセットがものすごく凝っていらっしゃるので、そのセットに対してどういう感情や意味をもたせるべきなのか、蜷川さんはどういう視点から写真を撮っていて、どういう雰囲気を受け取りたいのかなと考えながら挑みました。

 

「羽生さんだから絶対に大丈夫だと確信していました」(蜷川実花コメント)

 

羽生さんを撮影していると、ファインダーを覗きながら怖くなる瞬間があります。「この人はどこまでいくんだろう」と底が知れない、内側から出てくる表現力のすさまじさにいつも吸い込まれそうになるというか。表現の幅が広いという言葉では収まらないくらい、人というものを超えた、独特な存在感を持った方です。赤いバラのセットやビッグシルエットの衣装といった、被写体本人のパワーがないと成立しないシチュエーションも多く取り入れています。でも、羽生さんだから絶対に大丈夫だと確信していたし、撮影を終えて、その遥か上を見せていただきました。

 

こんな羽生結弦、見たことない

競技者を超えて “絶対王者”の新境地

全112ページ、孤高の表現者と蜷川実花による唯一無双の写真集

 

■蜷川実花の完全撮り下ろし! 6シーン64カットを収録

真っ赤な衣装、通称“赤マグマ”に身を包み、鬼気迫る表情を見せたかと思えば、美しい藤棚の前で儚げにたたずむ……。6つのシチュエーションから切り取った、これまでに見たことのない羽生さんをお届けします。 日本を代表する表現者同士が生み出した貴重な写真の数々は一枚たりとも見逃せません。2023年8月7日発売「AERA8月14-21日合併」で大きな話題を呼んだ「赤バラ」「青傘」の未公開ショットもお楽しみに。

 

■羽生結弦 独占インタビューを完全収録

昨夏、プロフィギュアスケーターとして新たにスタートを切るや、数々のチャレンジを重ね、史上初の東京ドーム単独公演を実現。11月には自身初となる単独ツアーを控えるなど、フィギュアスケートに新たな歴史を刻み続けている羽生さん。自ら道を切り拓いてきた1年を振り返りながら、そこで得た収穫やスケートへの思い、見えてきた可能性まで、語りつくしたインタビューを余すところなく収録しました。聞き手には、スポーツライターの松原孝臣さんを迎えています。

 

■プロ転向1年 アイスショー全記録

プロ転向後、初の単独アイスショー「プロローグ」から、3万5千人を観客動員した東京ドーム公演「GIFT」、ゆかりの深いスケーターやゲストを迎えて行った「notte stellata」と、プロスケーターとして3つの公演を完徹。そして出演した「スターズ・オン・アイス」、毎年恒例の「ファンタジー・オン・アイス」の5公演について、写真とともに記録します。

 

■羽生結弦に聞く 100問100答

撮影の合間を縫って、羽生さんに100の質問をお聞きしました。「好きな駄菓子」「行ってみたい場所」「子どもの頃好きだった遊具」「持っているなかで一番大きなプーさんのサイズ」などカジュアルな質問から、「スケートをしていてよかったと思う瞬間」「10年後は何をしている?」など100問に回答。どの答えからも、羽生さんのまっすぐな人柄が伝わってきます。

 

■撮影ドキュメント263分

蜷川実花が撮り下ろした263分を13のオフショットとともに、誌上でお届けします。メイクルームに入る前に、「先にあいさつを」とスタッフのもとを訪ねるシーンやフィッティングの様子、撮影時のやりとりまで記録しました。唯一無二の写真が生まれた裏側をご覧ください。

 

【CONTENTS】

・羽生結弦×蜷川実花 全6ポーズ64カット

・羽生結弦独占インタビュー

・羽生結弦プロ転向1年 アイスショー全記録

・羽生結弦に聞く 100問100答

・撮影ドキュメント263分

・蜷川実花 セッションを終えて

・羽生結弦と伴走する3人のクリエーターが語る素顔

・東京ドーム単独公演「GIFT」 会見一問一答

……etc.(内容は変更になる場合があります)

 

※写真は本書のキービジュアルで、書影ではありません

 

Amazonより引用

 

プライバシーポリシー/お問い合わせ