TREND RECOMMENDER

話題の本やCD・映像作品、数量限定商品などを紹介!(たまにそれ以外も)

タワーレコードオンライン 4月10日~4月12日
全品ポイント15%還元キャンペーン

当サイトで紹介する商品のリンクは、
一部を除きアフィリエイト(PR)になっています。


【書籍】加藤シゲアキ『なれのはて』2023年10月25日発売!予約サイト まとめ

 

 

加藤シゲアキ『なれのはて』は、2023年10月25日発売

取り扱いのありそうなサイトをまとめましたので、予約・購入時の参考にしてください!

 

 

加藤シゲアキ『なれのはて』

上記は、楽天ブックスの販売ページのリンクです

  • 価格   :2,145円(税込)
  • 発売日  :2023年10月25日
  • 出版社  :講談社
  • 商品コード:9784065331439

一枚の不思議な「絵」の謎を追い、令和から昭和、大正へ。

日本最後の空襲といわれる秋田・土崎空襲。

戦争が引き起こした家族の亀裂は、現代を生きる人びとにも影を落としていた。

 

ある事件をきっかけに報道局からイベント事業部に異動することになったテレビ局員、守谷京斗(もりや・きょうと)。異動先で出会った吾妻李久美(あづま・りくみ)が祖母から譲り受けた、作者不明の不思議な古い絵を使って「たった一枚の展覧会」を実施しようと試みる。ところが、許可を得ようにも作者も権利継承者もわからない。手がかりは絵の裏に書かれた「イサム・イノマタ」の署名だけ。守谷は元記者としての知見を活かし、謎の画家の正体を探り始める。だがそれは、秋田のある一族が、暗い水の中に沈めた秘密に繋がっていた。

 

1945年8月15日未明の秋田・土崎空襲。

芸術が招いた、意図しない悲劇。

暴走した正義と、取り返しのつかない後悔。

長年秘められてきた真実は、一枚の「絵」のミステリから始まっていた。

 

戦争、家族、仕事、芸術……すべてを詰め込んだ作家・加藤シゲアキ「第二章」のスタートを彩る集大成的作品。

 

「死んだら、なにかの熱になれる。すべての生き物の成れの果てだ」

 

楽天ブックスより引用

 

プライバシーポリシー/お問い合わせ