TREND RECOMMENDER

話題の本やCD・映像作品、数量限定商品などを紹介!(たまにそれ以外も)




【スマホ・モバイル回線】モバイルWiFiをお探しの方必見!楽天モバイルなら機器代実質0円+1年間通信料が無料です!

 

 

TVCMやネット広告でご存じの方も多いと思いますが、現在楽天モバイルでは先着300万人限定で携帯料金の1年間無料キャンペーンを実施しています。

楽天モバイル網の範囲内であれば5G回線での通信が使い放題になる、また2021年4月1日から自動的に適用されるプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」(月1GB以下であれば0円)が衝撃的だったということもあり、多くの方が楽天モバイルに申し込んでいます。

2021年1月時点で220万人を突破していますが、本日2月19日現在でもまだ申し込める状況となっています。

 

人気のスマホ「Rakuten Hand」の陰に隠れてしまい、ご存じない方もいらっしゃるかと思いますが、このキャンペーンを活用することでモバイルWiFiも1年間無料で使用することが可能となっています。しかも機器代も実質0円になりますので、1年間は費用負担なしでモバイルWiFiを所有することができます。(2021年4月1日からは段階的なプランが自動的に適用され、1年経過後も、月1GB以下であれば0円になります!)

 

 

詳細は楽天モバイルのホームページでご確認いただきたのですが、楽天モバイルへの申し込みが初めての場合、回線「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT」の月額使用料が1年間無料となります。

この回線の申し込みと同時に、機器であるRakuten WiFi Pocketを購入することで機器代が1円となり、後ほどアンケートに回答すると、この1円に相当する1ポイント(楽天ポイント)が還元され、実質0円となります。

加えて「【Rakuten UN-LIMIT Vお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント」が適用され、5,000円分の楽天ポイントが還元されます。

さらに、先ほど月額使用料が1年間無料と記載しましたが、2021年4月1日からは自動的に料金プランがアップデートされ、月の通信量が1GB以下であれば0円になります。

他社と比較しても、ここまで条件がよく、費用の安いプランはありませんので、間違いなくオススメです。

 

なお、Rakuten WiFi Pocket(機種)は、ホワイト/ブラックから選択できます。先日までブラックが品切れ状態になっていましたが、本日2月19日現在ではどちらのカラーも選択可能です。

またいつ品切れになるかわかりませんので、気になっている方はお早めにお申し込みください!

 

2021年4月1日から適用されるプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」

ここで、2021年4月1日から適用されるプラン「Rakuten UN-LIMIT V」について説明いたします。

楽天モバイルエリア内において、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)というのは現行の「V」から「VI」になっても変わりないのですが、通信量20GB以下の範囲で段階的に料金が安くなるように変更されました。

しきい値は3つあり、

  • 1GBまでは月額0円(通話料やオプション料等は別費用)
  • 3GBまでであれば、税込1,078円
  • 20GBまでであれば、税込2,178円
  • 20GB以上は税込3,278円(これまで通り)

という中身になっています。全体としても十分低価格なのですが、1GB以下0円というのは、今のところ、他社からこれに類似したプランは発表されておらず、かなりの集客力のある内容だと思っています。

毎日何時間も動画を視聴したり、ゲームをしたりするスマホヘビーユーザーの方は、月に20GB程度は簡単に超えてしまうと思います。しかし、それほどスマホを使用しないという方は、月の通信量が3GBもしくは20GBに達しないということもありますので、ライトユーザーの方には携帯キャリア選択の候補になるでしょう。

モバイルWiFiに関しても、まずは1年間の無料期間で自分がどれだけ使用してるか確認し、無料期間終了後にどうするかを考えておくといいでしょう。

 

Rakuten WiFi Pocketの使用感

実際の使用感に関しては、私の実例をお伝えしようと思います。

昨年12月からRakuten WiFi Pocket(ブラック)を使っています。ほぼ楽天モバイルの範囲内で行動しているため、常時楽天モバイル回線に接続されています。

本記事執筆のため、たまにFast.comで回線速度を測定してきましたが、時間帯を問わず30~40Mbpsは出ており、さらに高い数値が出ることもありました。

今のところ、使用中に回線が不安定になることはありませんでした。

パートナー回線で使ったことはないのでその時の挙動はわかりませんが、普段楽天モバイル網の範囲内で行動している方にとっては、これ以上の選択肢はないと思います。

何度か記載しましたが、2021年4月1日以降は自動的に「Rakuten UN-LIMIT VI」にアップデートされ、段階的な料金形態に変更されます。月1GB以下だと月額0円という、今のところ他社を圧倒する内容になりますので、無料期間終了後に解約する理由はないと思います!

 

Rakuten UN-LIMIT VIの使い道

今回Rakuten WiFi Pocketに申し込んだものの、いずれモバイルWiFiが不要になる方もいらっしゃると思います。

2021年4月1日以降は、ただ契約しているだけ(月1GB以下の通信量)であれば月額費用は発生しません。ですので、現状のままであれば、契約しているだけで楽天経済圏でのポイントアップになるのでいいのですが、せっかく使えるモバイル回線を活用しない手はありません。

楽天モバイルでは「ZERO宣言」を打ち出しており、各種手数料などが0円となっており、SIMの交換手数料も0円となっています。

ですので、契約中にRakuten WiFi Pocketが不要になった場合、費用なしでSIMカードを再発行し、それをスマホで使うということも可能になります。出口戦略ではありませんが、様々な手数料が0円となっていますので、ご自身の将来的な「楽天モバイルの活用方法」を考えてみるのも楽しいかもしれません。

 

Rakuten WiFi Pocket まとめ

ここまでRakuten WiFi PocketとRakuten UN-LIMIT VIについて記載してきました。 

申し込みに際して費用は一切かかりませんし、2021年4月1日以降は月1GB以下であれば0円というプランに自動的に切り替わります。 

さらに、楽天モバイル初めての申し込みであれば、楽天ポイントが5,000ポイント還元されますので、申し込まない理由はどこにもありません!

300万人に達する前に、ぜひお申込みください!

 

 

 



プライバシーポリシー/お問い合わせ